読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう 幸せだったよ

f:id:fuuu50:20160921111251j:plain

今年もありがとうございました。

生きててよかった。。と、何度思った事か。

幸せだった~!

家でDVDを観ているようだ!

と、思うようないい席で。

このまま直進すればトミ。。みたいな席で(〃∇〃)

メンバー全員くまなく見る事ができました。ありがたかったです。

 

いつも一人の東京。

でも野音はエレ友さんと集まれるから、安心感というか、甘えというか。。

いつも以上に記憶が飛んでるΣ(゚д゚;)

夜、食べながら飲みながらおしゃべりした時に思い出した事を。

自分の気持ちしか思い出せてませんが。。

長くなってしまいましたがよろしければお付き合いを。

 

 

【メンバー】

<細海さん>

やっぱりどうしても魚さんに目がいきますよね。

ぴょんぴょん飛び跳ねつつヘッドバンキングしつつ弾く魚さんに目を奪われました。

「月の夜」のオルガンの音。。。かと思えば、ガストロンジャーの先生と魚さんの対決?の激しさ。あのナナナナを弾く魚さん凄い!

 

<ミッキー>

先生の希望通りのギターを弾くミッキーもやはり凄い!

「FLYER」の時、石くんがミッキーの方向いてすごいヘドバンするじゃないですか。

相対するミッキーの笑顔が忘れられません。

ちょっと先生が怒るんじゃないかって思うくらい石くんがミッキーの方を向いてました( ´艸`)

 

<成ちゃん>

動かない。。いつも以上に動かない。。。

ダンディすぎる成ちゃんのベースの音がよく聞こえてうれしかった!

「最高最高」コーラスもよく聞こえたなぁ~

 

<石くん>

赤のビーサンの石くん。やっぱり石くんのギターはかっこいい。

そして私の大好きな石くんコーラスも堪能できました。

「歩こうぜ!」も「最高最高」も最高だった!

いつ出る!?いつ出る!?と思っていた赤毛のアン

蛍光みたいな赤毛のアンで吃驚。似合う石くん凄い!

 

<トミ>

ホールじゃなくてもトミのドラムの音の振動で服が揺れた。凄い!

本当に、さえぎるものなど何も無い状態でトミが見える席でした。

腕!上腕二頭筋スゴイ!!

曲の終わり前、トミはずっと先生を見ているんです。先生を目で追っているんです。

先生がトミの方を見ていなくても、トミは先生の一挙手一投足を逃さず見ている時のその眼差し。。凄かった。。。

先生の背中しか見えないのに先生の目を見ているようなトミの眼差しは本当に凄かった!

 

<先生>

・「いい顔してるぜ!いい表情してるぜ!もともとの顔のつくりには責任はもてませんが」←かなりウケた(≧∇≦)

・「30年、ひとえに俺の努力のみでここまでやってこれた気がします。これからも喜んでもらえるような俺でいたいと思っています。ついてこさせてやるよ!」←かっこいい!

・「みんなこの歌好きだよな。ありがとう」

「友達がいるのさ」の時のこの一言。

ありがとうって言ってくれた気がするんだよな。

だって、ジーンとしてうれしかったんだもん(*^-^*)

他にも雨の心配してくれたりね。うれしかったですね。

・「ズレてる方がいい」で始まった時、ん?先生声かすれてる?そりゃそうだよね2日目だもんね。。。なんて頭で考えているうちに先生の声がいつものとおりになり、やっぱりこの人凄い!凄すぎる!と、石くんバリに思いました。

・雨で革靴が滑り靴下になった先生。靴下がおじさんが履くようなスケスケだったらどうしようかと思ったけど普通の靴下でヨカッタ(≧∇≦)

・Tシャツ投げる?と、思いきや顔を拭いて終わる先生の思わせぶりな態度もおもしろかった。

・ギターがポシェットのようになる事が多いけど、今回はガチッとギター弾いてましたね。先生ギター上手いなぁと。。。コードの絡まりも特になかったですよね~

 

【激シブな選曲(順不同)】

<武蔵野>

個人的ですが、、東京で東京の曲を聴ける喜び。

大げさですが、東京に生まれてヨカッター!と思ってしまいました。

今回は武蔵野が聴きたい気分だったので本当にうれしかったです。

あなたもう帰りなさいって言われたら帰ってもいいかなぁと思うくらいうれしかった。途中でなんか帰りませんけどね。。

私がいつも歩く道、暗渠なんですね。川の名残りが思いっきり残っているクネクネ道で。武蔵野の曲がピッタリなんです。

途中でコーヒー買って飲みながら、武蔵野感じながら歩いて。。幸せでした。

<いつものとおり>

これまたうれしい!うれしすぎます。

この自然な感じ、日常の素晴らしさ、よろこびを自然に感じられるこの曲が大好き。

過去のDVDで観たあのかわいいフリはありませんでしたけどね( ´艸`)

<浮き草>

ファーストを始めて聴いた歳の自分に歌詞がグサッと突き刺さったのは、ファイティングマンでもなくて、花男でもなくて、やさしさでもなくて、習わぬ経を読む男と浮き草だったんです。

「適応しきってぬるま湯つかってそれでも結構楽しめて」しかり

「何かやりたくても何もみつからず」しかり

「みんなと同じ楽しい人生」しかり。

あ、楽しく学校行ってましたけどね。けどね、なんか今の自分はこんなだなぁ。。と、思って聴いていた記憶が蘇りました。

自分が大人になって聴くとなんか応援歌のように聞こえるもんですね。

当時もそれでもがんばれよって曲だったんだろうなぁ。本当は。

そこが先生の歌詞のいい所!やさしい所!

昔の事を思い出しつつしみじみ聴きました。

ゴッドファーザー

「good morning」の中からの曲を聴くと北のあの人を思い出す。

元気かなぁ。きっとゴッドファーザーも好きだよなぁ。

なんて、ハードな曲でしみじみしてしまった。

<コール アンド レスポンス>

初、死刑宣告。

なんてかっこいいんだ。

この時から雨が本降りに。

私まだこの時、雨具着てなかったんです。

雨の中聴いたコールアンドレスポンス。

なんなんだろうこの狂気?熱気?ムチウチになるかと思いました。

そしてこの後の RAINBOWが雨も相まって最高でした。

私的、RAINBOWのベストバウトはこれだ!←偉そうですみません。。

<道>

うわ~うれしい!!

「奴隷天国」の中の道も今聴く道も最高にかっこいい!!と、1人大興奮。

けれども周りは。。。って感じだったんですが、前の方を見ると先生達位の歳と思われる男性が、ぐわんぐわんにノッていて、、いいんだ!ノッていいんだ!!自由にノレばいいんだ!!と思いました。ありがたかった。

<四月の風>

なんでこんなに素直に「明日もがんばろう」って思えるんだろう。

って、思いながら拳を振り上げてました。

 先生の歌の力によって、トミ、成ちゃん、石くんの演奏によってそう思えるんだろうなぁ。。好きでよかった!!ってしみじみ思いました。

 

【思ったこと】

超、個人的なんですけど。。

私ずっとトミの口呼吸が気になってたんですよ。

演奏中、結構口開けてる時ありますよね。

そりゃ、あれだけ激しいドラムだもん、息あがって口呼吸になるよね。

と、思いつつも口呼吸が気になってたんですね(^▽^;)

 でも、さえぎるものなど何も無い状態でわかりました。

そんなに口呼吸してなかった!!

先生の体操と腹筋背筋のように、トミもなにか体力トレーニングをしてるんだなぁ。。と、勝手に想像してました。

先生はモチロン、成ちゃんも石くんも体幹凄いし、トミもきっと凄いんだろうな。

みんなモデルのような体形だし。。なんて凄い人達なんだ!!

 

そう、凄いにつきます。凄い野音でした。

こんな凄い人達を好きでよかった。

やさしさも労働も 繊細さもでっかさも デリケートもクレイジーも全部心の中に抱いたヒーロー達を見ていられるなんて!

今の歌詞風にいうと昔の少年達か( ´艸`)

とにかく、これからも好きでいられる幸せ噛みしめました。

あ~、野音最高!!