読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイティングマン!

スクリーンに流れる過去からの映像。

わ~(〃∇〃)ってミーハー気分で観ていたけれど、

だんだん気分がファーストアルバムを買った高校時代に戻っていき。。

そして始まった1曲目は「ファイティングマン」

1曲目はファイティングマンだろうなって心づもりはあったのになぜか涙ホロリ。

涙ホロリした後は、初めてファーストアルバムを聴いた時の気分に戻っていました。

 

ネットなんかなくて、雑誌や人づてに情報を集めているような時代。

たぶん、雑誌(宝島かなぁ?)を読んで、ジャケットを見て購入したんだと思う。

期待の大型新人みたいな感じでしたよね?

骨太なロックサウンドに宮本のボーカルが。。みたいな感じでしたよね?

骨太ってのに飢えていた私は(多分)

ものすごく気になって、

そしてジャケットを見て、

これだ! と思ってファーストアルバムを買った記憶があります。

要はジャケ買い。(あんな怖いのに(≧∇≦))

涙ホロリして、そんな想い出が頭の中を駆けめぐりました。

 

「ファイティングマン」「やさしさ」「花男

この3曲で、ホントはこの人達怖くないんだ。優しいんだ。

と、偉そうに思った記憶もあります。

(その3曲を、この30周年記念コンサートで聴けたのが本当にうれしかった)

 

感慨もひとしお。。

な、状態に浸らせないんですよ。

だって、そこにいるのは現在進行形のファイティングマン達。

そんな気持ちをすぐ取っ払ってくれました。

今を楽しみました!

相当楽しみました!!

本当に楽しみました!!!

 

ドラマの主題歌を聴いて好きになった人、

ふいに流れた曲を聴いてココロを動かされた人、

カシマシと言われている頃を知っている人、

友達に誘われて来た人、

これから好きになるであろう人、

生中継を観ている人、

好きになった時期は人それぞれ。

好きになったキッカケも人それぞれ。

だけどみんなが30周年を祝ってる。

そんな空間を作ってくれたのは、

ずっと現役でいてくれたから。

「みんなよーこそ!

俺たちもよーこそ!」

先生が言ったこの言葉。

なんかこれが自分の気分にピッタリきた。

みんながみんな30周年を祝い、祝われているような、

そんな空間にいれてよかった。

大阪城ホールに行ってよかった。

これからもずっとずっとよろしくお願いします!!

 

 

 

追伸。

ワイヤレス宮本だったとか、

花道の階段を下りても上る時はローリングとか、

いつもの調子で書けなかった。。

ポエムみたいな気持ち悪い文章でごめんなさーい